食材にこだわる

春夏秋冬豊かな四季があり、旬というその季節ならではの食材が際立っているのは、日本ならではの文化とも言えそうです。見た目にも美しく、食べて美味しい、季節を体で感じられるものが食卓に出てきたら、毎日の食事がパッと華やぎ、より生活に潤いを感じられますし、何より体にとても良いと科学的にも勿論立証されています。
最近では、食材にこだわるレストランがますます増加しており、スーパーマーケットにも、野菜等に産地や生産者の名前が記載されていたり、提携している安全な農家さんから毎月セットで食材が届く通販があったりと、より人々の「食材」に対する意識が高まってきていることが伺えるのではないでしょうか。
そんな風にこだわりを持つと、もちろん食費もかかってくるものですが、今の流れは少し高くても安全なものを選びたいという消費者の心理が大きいようです。やはり「食材」は自分の体に入るもの。食の安全問題がニュースで取り上げられてから、より意識を高くもって食材を購入したいと考える風潮はわかりますし、どこの物かもわからず食べて、美味しくもなく具合も悪くなるものはちょっと怖い部分もありますよね。
旬やこだわりの食材を知り、それを口にすることは、何にも変えられない自分や家族への健康に対する投資という捉え方も出来ますし、生活の中で四季を感じることでより心身ともに豊かになることも考えられます。そして、その食材の中で自分なりにこだわりを持つことで、料理をするときにもまた違った観点でワクワクしながら作ることができるのではないでしょうか。
食材にこだわることは、ただ贅沢をしているだけではない、地球にも家族にも優しい食卓を生み出すこと。食材にこだわったことでの家族や自分の体への優しさは、とても素敵な連鎖を生むことでしょうし、これから更に全ての人が幸せな気持ちになるような、オーガニックや農家さんの思いがダイレクトに感じられるような、様々なこだわり食材が増えていって欲しいものですね。
http://www.merryfood.jp/

投稿日:2015.09.29