ホワイトニングの安全性と副作用

ホワイトニングの技術は、歯を削ったり傷つけたりせずに行われるものなので、一般的に安全性を心配する必要はないと思われます。実際、1989年にアメリカでホワイトニングの技術が実用化されてから20年以上が経っていますが、大きな事故があったという報告は今のところありません。というのも、実用化されるずっと前からホワイトニングの研究は始まっていたのです。ホワイトニングの研究が最初に始められたのは、今から150年以上前のこと。当時はミョウバンや酸によって歯の色素を溶かす方法しかありませんでした。しかし、これらの方法が歯にダメージを与えてしまうことがわかると、酸に代わる薬剤の研究が始まり、1884年、今から120年以上も前に、現在使用されている過酸化水素を使用したホワイトニング剤が誕生したのです。それからも改良に改良を重ね、現在の安全なホワイトニング剤を開発することができました。そしてアメリカのニューヨーク大学、ニュージャージー医科歯科大学、日本の東京医科歯科大学など、世界の名だたる大学や研究機関で検証された結果、安全性が確認されています。

このように安全性の高い施術法として確立されているホワイトニングですが、副作用が生じることもあります。ホワイトニングの副作用として最も生じやすいものは知覚過敏です。知覚過敏は、冷たいものや熱いものを口に含んだときに歯がしみる症状のことです。日本人は歯のエナメル質が薄いので、知覚過敏の症状が出やすいというのもあり、副作用の報告が比較的多くなっているようです。オフィスホワイトニングでは、歯科医が施術を行うため副作用の頻度は少ないのですが、ホームホワイトニングの場合、決められた回数より多くホワイトニングを行ったり、時間を長くしたりしてしまうと副作用が起こりやすくなります。知覚過敏の症状は、通常は時間の経過とともに解消されますが、症状がひどい場合は、ホワイトニングをいったん中止して、フッ素入りの歯磨き粉で歯みがきを続けるとよいようです。

また、オフィスホワイトニングでは高濃度の過酸化水素を使うため、万が一、歯肉や唇に薬剤がつくと、脱色されて白くなったり、やけどを起こしたような痛みを感じることがありますが、たいていは1~2時間でおさまります。これは歯科医師や歯科衛生士が細心の注意をはらって施術を行うことによって防ぐことのできるものです。
ホームホワイトニングで使用する低濃度の過酸化尿素は、アメリカのFDA(食品医薬品局)や ADA(アメリカ歯科医師会)で「口腔消毒剤」に分類され、万が一飲んでしまっても体への影響はないとして、安全性が認められています。

 

http://www.ikegami-dental.com/

投稿日:2016.08.25