こだわりの食材

私たちは食材を選ぶ時、何かしらの基準でその食材を選んでいます。それはその人によって価格であったり、安全性であったり、品質であるなど異なるうえ「赤ちゃんの離乳食」「記念日など特別な日の献立」など、日によってもこだわりが変わることも考えられます。
ただ、口にするものですから、安全性は必要と考える人は多いでしょうが、日本は農薬の使用量など基準が厳しく定められており、「スーパーなどで商品として売られているなら、安全性には問題はないのでは?」と受けている人も多いのではないでしょうか?
そんな中でも、より高い安全性を求めて食材を「お取り寄せ」する人も増えているようです。価格は通常で購入するよりかなり高くても、安全性や品質の対価だと納得してお取り寄せしたり、求める商品を扱うお店で購入する人もいるようです。こだわりの食材は贈答品としても多く利用されています。「○○産の△△」などネームバリューのあるものや、その時期しか注文できない食材などは特別感もあり、選んだ側の感謝の気持ちが伝わりやすいのかもしれません。
また、比較的新しいこだわりとしては「環境へのこだわり」などを持って食材を選ぶ人も増えてきているようです。発展途上国から作物などを適正な価格で継続的な取引を行うことで、生産者の生活向上を持続的に支える「フェアトレード」や、自然災害などの被災地の食材を購入することで支援に繋げようとする選び方も支持されているようです。